鎌取駅で頑固な痛みも1回目から変わったと話題の整体院

東整骨院


肩こりについて

肩こりについて

kata1.jpg
肩こりは首、肩、背中周辺の筋肉が固くなって血管が筋肉によって圧迫されて、血流障害が起こり、筋肉に乳酸や老廃物が筋肉から代謝出来ない状態になった時に起こります。

皆さんが御存知の通り、筋肉が柔らかくなると肩こりはなくなります。
では、どの様に筋肉を柔らかくするのでしょうか?

いままでの対処法は?

kata3.jpg
「暖める」「マッサージをする、してもらう」「シップ、塗り薬等を使う」「首や肩など動かす、運動をする」「病院、整骨院等で電気治療、マッサージをしてもらう」等、いろいろ努力されていることと思います。

しかし、どれもこれも「その時は楽になるんだけれと次の日・・・・」持続性がないのが普通??ではないでしょうか?

持続性がないのはなぜ?

633a024e0b2ac33cfc38c7c48df64d0a_s.jpg

仕事が原因?姿勢が悪い?使い過ぎ?

確かにそうです。PNF筋整復法や緩消法による手技療法は筋肉の代謝力を高めることができ即効的に血流改善できるので、筋肉本来の機能を回復させることが可能です。

肩こりの原因

肩こりは、肩の筋肉が緊張して血流障害を起こしていることが原因です。

痛み出している、もしくは硬くなっている筋肉は、僧帽筋、肩甲挙筋、林上筋、隷下筋などです。筋肉が緊張(硬い)する原因は、2つあります。


「筋肉を動かし過ぎによる緊張」と「筋肉を動かさないために起こる緊張」です。
 

1,筋肉を動かし過ぎよる緊張

nioroshi.jpg
体を動かすときは、筋肉を収縮させています。筋肉を使って能力以上の運動をしたときには、酸素の供給が追いつかなくなって、酸欠状態になります。

そうなると筋肉に老廃物が少しづつたまっていき、筋肉から排出できなくなってしまいます。そして筋肉が固くなり、動かせなくなってしまいます。

このときに、酸素の供給が間に合わず、痛みを感じます。これがいわゆる筋肉痛です。この場合は、からだを休めると自然に筋肉は回復します。

 

2、筋肉を動かさないために起こる緊張

001.jpg
これが慢性疼痛(慢性的に痛みが続く)の原因です。

筋肉を緊張させている老廃物やカルシュウムが、筋肉から排出されずに残る為に、いつまでも筋肉は緊張し続けます。

そして、緊張した筋肉は、更にその周辺の筋肉に負担をかけていき、緊張する筋肉の範囲をどんどん広げて悪循環を起こします。

緊張した筋肉がさらに多くなれば痛みは益々増えていきます。筋肉が軟らかいときは、血流は正常ですが、筋肉が緊張すると血行不良が起こります。

血液が筋肉に運ばれないと、酸素不足によって痛みが発生します。

筋肉が運動している時は、筋肉の収縮運動によってポンプ運動を行って静脈から老廃物などを筋肉から排出されます。

筋肉が緊張して、あまり動けないときは、老廃物やカルシュウムなどが筋肉から正常に排出されません。このため、筋肉はいつまでも緊張したまま維持してしまいます。

肩こりのほとんどは、僧帽筋の緊張です。

この緊張を取るには、筋肉を動かす、つまり頭部と肩をゆっくりと動かすことです。無理に伸ばすことはしないで下さい。筋肉を痛めてしまうことがあります。

仕事中などで、肩こりにならないためには、肩・首の筋肉が緊張しないように、ゆっくり筋肉を動かすことが重要です。

東整骨院のご案内

住      所:

〒266-0011千葉市緑区鎌取町68-20 ノーブルペンギン1F

アクセス:

JR外房線 鎌取駅北口 徒歩2分

お問い合わせ・ご予約
043-293-8000
受付時間:

午前:09:00~12:00
午後:15:30~21:00

休業日:
木曜・日曜・祝祭日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ