むちうち 膝痛 坐骨神経痛 椎間板ヘルニア 腰痛 スポーツ外傷・障害 千葉市 東整骨院
むちうち 膝痛 坐骨神経痛 椎間板ヘルニア 腰痛 スポーツ外傷・障害 千葉市 東整骨院
むちうち 膝痛 坐骨神経痛 椎間板ヘルニア 腰痛 スポーツ外傷・障害 千葉市 東整骨院
むちうち(むち打ち)
関節痛(膝・足首・股関節
坐骨神経痛
椎間板ヘルニア
肩こり
冷え症
むちうち 膝痛 坐骨神経痛 椎間板ヘルニア 腰痛 スポーツ外傷・障害 千葉市 東整骨院
むちうち 膝痛 坐骨神経痛 椎間板ヘルニア 腰痛 スポーツ外傷・障害 千葉市 東整骨院
PNF筋整復法とは
料金について
キャンペーン
よくある質問
患者様の声
症例
むちうち 膝痛 坐骨神経痛 椎間板ヘルニア 腰痛 スポーツ外傷・障害 千葉市 東整骨院
交通事故について
保険治療について
むちうち 膝痛 坐骨神経痛 椎間板ヘルニア 腰痛 スポーツ外傷・障害 千葉市 東整骨院
東整骨院の院長あいさつ
東整骨院へのアクセス
お問合わせ
プライバシーポリシー
リンク集
むちうち 膝痛 坐骨神経痛 椎間板ヘルニア 腰痛 スポーツ障害 千葉市 東整骨院
     PNF筋整復法とは

PNF療法(個有受容性神経筋促通手技療法)
「PNF療法」は、病院でのリハビリテーション等で用いられる理学療法手法の一種であり、

「PNF筋整復法」とは、PNF(個有受容性神経筋促通手技法―ハーマン・カバト先生)を母体に
春日スポーツ医学研究所、春日啓先生により
独自に研究開発し、発展させた最先端療法です。

この「PNF筋整復法」(正式名ー神経筋整合法)は

神経・筋肉の働きを劇的に改善させる治療法として、
平成5年7月10日、日本内科学会近畿地方会で発表され、
正式に効果が立証された手技療法です。




【痛みの原理】

私たちのすべての動きは、神経より命令を受けた
筋肉が行っています。脳から発した命令が
神経を通して神経筋へと伝えられます。

この信号を受けて神経伝達物質(アセチルコリン)が
神経と筋肉の接合部で分泌されます。これで筋肉への
刺激伝達が行われ筋肉が動きます。

また外部からの情報や刺激は脊髄神経から脳に伝わり
運動反射を作り、その信号が神経に伝わり筋肉に戻ってきます。

この脳からの命令がその神経が支配している筋肉に、
一連の伝達がうまく行われていれば問題はないのですが、

神経伝達物質の分泌が何らかの理由で抑制されると筋肉は
充分な力を発揮することが出来なくなります。
(正常な動きが出来なくなる。)

この状態になった時の症状が「痛み」です。



この分泌量が少なくなっている神経伝達物質を
神経伝達経路や運動反射を利用して外部からの軽度の
刺激を与えて神経伝達物質を放出せざるを得ない状況を
作り出し、筋肉の動きを円滑にさせ、「痛み」を除去する
療法が「PNF筋整復法」です。


【PNFの歴史】

1930年代にオーストラリアの女性民間療法から始まった治療法を
アメリカのカバト先生が学問的に研究して1945年ワシントンDCに
ハーマンカバト、リハビリセンターを設立、その後1968年には
マーガレット、ノット先生に引き継がれ世界的に発展していきました。

現在の米国では、医学面ではカイザー記念病院
(加州・オークランド市)が中心となり、臨床・及び
研究が進んでいます。又、PNFは運動生理学の
面にも広がりその研究の中心は、スタンフォード大学が
主になっています。


神経筋接合部

  @経軸索 A神経筋接合部 B筋繊維 C筋原繊維

 



  神経伝達の様子
 
  (1)ミトコンドリア、(2)神経伝達物質が詰まったシナ
  プス小胞、(3)自己受容体 (4)シナプス間隙を拡散
  する神経伝達物質 (5)後シナプス細胞の受容体、
  (6)前シナプス細胞のカルシウムイオンチャネル、
  (7)シナプス小胞の開口放出、(8)神経伝達物質の
  能動的再吸収

 


  神経筋接合部の拡大図
 
  @ 神経終末と神経終末球  A筋形質膜
  Bアセチルコリンを含んだシナプス小胞 Cカルシウム
  イオンチャネルDミトコンドリア


 

区切り線

東整骨院へアクセスはこちら

このページのトップに戻る

COPYRIGHT(C)2007 東整骨院 ALL RIGHTS RESERVED.